金融に関する情報サイト

住宅ローン返済で泣きを見る前に! 住宅ローン体験談

住宅ローンを知るために

リスクをとるか安心をとるか

住宅ローン。
それは、夢のマイホームの為、住宅のリフォームの為など、これから長い期間のローンになります。
長い期間毎月返済しなければいけませんから、住宅ローンの金利の選び方は非常に重要になります。
私は、今から2年前に住宅ローンを組みました。
変動金利と固定金利の2種類がありました。
変動金利は金利があがれば同じようにあがっていき、さがればさがっていきます。
固定金利は3年、5年、10年などの一定期間にどれだけ金利があがっても金利は変わりませんが、逆にさがっても変わりません。
実際に2年前は、景気が良くなってきて金利があがりはじめていたので、10年間金利が変わらない10年固定の金利にしました。
変動金利と固定金利を比べると変動金利の方が安いですが、金利が変わるかもしれないリスクがあります。
固定金利は変動金利に比べて金利は高いですが、一定期間は金利が変わらないので返済額が変わらず、期間中は安心できます。
どちらが良いかは何年かしてみないと分かりません。
2年前は固定金利にした事は良い選択をしたと思っていました。
しかし、今金利が下がってきていますので、もし2年前に変動金利にしていたら返済額が減っていたのになぁと思う事もあります。
リスクをとるか安心をとるかですが、給料カットなど厳しい時代になってきていますので、返済額があがるのは困ります。
個人的には期間内は返済額が変わらない固定金利が安心できていいのではないかと思います。

金融や住宅ローンの情報は役立つこのホームページをブックマークしましょう

Copyright (C)2017住宅ローン返済で泣きを見る前に! 住宅ローン体験談.All rights reserved.